平和紙業株式会社と行った、印刷媒体としての紙とは異なる魅力を発見するプロジェクト。
ファンシーペーパーの多色性、加工性を活かした、縦にも横にも組み合わせて使える紙の整理箱です。
仕切を斜めに配置することで影による色のグラデーションが生まれ、見る角度によって色の印象が変化します。紙の切断面の薄さ、美しさを損なわないよう、一般的なパッケージとは異なる製造法と加工調整で制作。

This project is about finding the new value of paper not only as a printing media collaborated with Heiwa Paper Corporation.
We designed the organizing box with fancy papers which have lots of color choices and ease of fabricating. It is able to use vertically or horizontally.
Each dividers are arranged diagonally and they make color gradations to give different impression from every angles.
To maintain the beauty of cut section of paper, we used different methods of manufacturing and tooling.
クライアント:平和紙業株式会社
デザイン:尾形 達
写真:玉村敬太

協力
株式会社ショウエイ
有限会社篠原紙工
富士共和製紙株式会社
有限会社コスモテック